中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

木材の持つ温もりに触れられる体験と作品「遊楽作工房」
2010.12.11 更新

この取材3件目の木工所は、
宮川小学校と中学校前の道を少し上流に走った住宅街に、小さな工房を構えていました。
この工房の名前は遊楽作工房、主は水谷朝朗さん、
自然素材の風合いを活かしたオリジナル商品を作り続けています。

「自然の形や色を活かした作品づくりを心がけている」、と仰る水谷さん

趣味が高じて

(左)作業場への通路は、材や加工用の道具がところ狭しと並びます
(右)乾燥中の材。水谷さんは本業で製材に関わっておられます

趣味の域を超えた加工機器の数々!

「機械は中古ばっかりだけどね、7年前から揃え始めた」と水谷さん、
工作機械がいくつも並んでいます。
材料は主に地元のスギを買い付け、製作はビスや釘を一切使わない組み込みを基本としています。
元々水谷さんは、木工に関わっていたわけではありません。
趣味でやっていた木工品を、大紀町にある道の駅木つつ木館へ持ち込んだところ評判が良く、
本格的に取り組むようになりました。

人にも環境にもやさしい商品作り

庭先の倉庫には様々商品が保管されています(写真は売れ筋のテレビ台)

水谷さんの商品は、どれも素材そのものの形や面が残され、二つとして同じものはありません。
また、塗装が必要な場合は出来る限り化学塗料を使わず、
例えば自然塗料である米ぬかワックスを用い、素材の色味を活かすことをコンセプトにしています。
アレルギー持ちのお子さんがいる家庭や、シックハウス症候群を患われた人からの注文もあるそうです。
「若い方は自然の風合いを好まれますね」とも話されていました。

子供たちに伝えたい木工の良さ

体験工房を開く水谷さんへ、子供たちに伝えたい木工の良さとは?とお聞きしました。
「家具にしても何にしても、プラスチックやスチールの製品が多いじゃないですか。
木の製品が持つ自然味、温かさ、触れた感じ、
使い込むことで味が出る良さなど、分かってもらいたいですね」。
最後に製作途中の勉強机を見せて頂きました。小学校入学を控える3人兄弟の末っ子向けに、
3台続けて注文を受けているとのことで、高さが調節でき、足を外し台としても使える設計です。

高さも調節できるオーダーメイドの勉強机、「使い込むことで味が出る」そうです

編集員のココがオススメ!

水谷さん自身、こだわりを持って木工に携わっていますが、注文する人のこだわりへも、丁寧に応えています。いくつか抱えている注文のうち、茶道をやっていらっしゃる方もこだわりがあるそうで、直接お客さんと相談しながらイメージの確認を進め、特に着色の場合は気を使うとのこと。
なお、イベント会場などで開かれる体験工房では、プランターや簡単な椅子作りの体験が多くなるようです。

(小穴久仁・倉田和己)

問い合わせ先情報

場所 大台町観光協会
住所 〒519-2404 三重県多気郡大台町佐原663-1
TEL/FAX Tel:0598-84-1050
Fax:0598-84-1051
URL 大台町観光協会へようこそ
E-mail info@web-oodai.info

2010年9月21日現在の情報になります。

▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る