中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

【大紀町特集】小学校の校舎から届ける思いやりの心「野原工房げんき村」
2011.10.07 更新

廃校になった小学校を利用。懐かしい雰囲気が溢れます。

10年前に廃校となった「旧七保第一小学校」の校舎を利用し活動を行う「野原工房げんき村」では、
毎週土曜日、地元のお母さんたちが心を込めて作ったお弁当やお惣菜を販売したり、
地元で採れた野菜が並ぶ「青空市場」が開催されています。
今回私たちが訪れた金曜日は、翌日・土曜日の販売に向けて準備を行う日。
その現場を見せて頂くとともに、会長を務める鳥田陽史さんに
活動への想いなど、いろいろとお話を伺いました。

ゆったりとした時間の流に癒される野原の風景。

獣害対策で始めた鹿肉・猪肉料理が大人気

翌日販売するお弁当などの準備をするお母さんたち。

カレーに使う猪肉(左)や、コロッケ用の鹿肉のミンチ。(和)

「野原では以前から、鹿や猪による獣害に悩まされておりまして。
『狩猟した鹿・猪を使って何かできないか?』という想いがきっかけとなって
平成21年から『野原工房げんき村』の活動をスタートさせました。
今は、前日お昼13時ごろから17時の間に準備が完了しますが、
始めた当初は慣れなかったこともあって、夜中の0時までかかっていたんですよ。」と鳥田さん。

そんな苦労の甲斐もあって、
今ではお昼にはすべての商品が売り切れてしまう程大盛況。
手作りのお弁当は、季節ごとに採れる野菜によってメニューが決まります。
価格は400円ととてもお手頃。毎週欠かさず来て買っていく方もいるそうです。
中でも、特に鹿肉・猪肉を使った料理は好評で、
活動開始メニュー第一号となった「猪丼」や「鹿ちゃんコロッケ」、
また、「鹿カレー」は男性からの人気が高いのだそう。
新しく登場予定の猪肉入りの肉まんなども、今後人気の商品となりそうです。
お客さんは近隣を始め、名古屋などから足を伸ばす方もいらっしゃるんだとか。

手作りのパッケージが素敵な「七保のお宝 あたたかきずな茶」。

その他、地域活性化の為、地元の子ども達と一緖に放置されている茶畑を借り入れ、
2年をかけて再生を行い、摘んだお茶の葉を商品として展開しています。
名前は「七保のお宝 あたたかきずな茶」。
パッケージは、子ども達一人一人が想いを込めデザイン。
現在「野原工房げんき村」を始め、道の駅などでも販売されています。

「今後は、『七保のお宝 あたたかきずな茶』を柱にした活動なども行なっていきたいですね。」
と、地域活性化の為の熱い想いを抱く鳥田さん。

地域が一体となって活動を行うことにより、みんなが元気になる。
「野原工房げんき村」のお母さんたちや鳥田さんの素敵な笑顔には、
元気の源となる、あたたかくやさしい”思いやり”の心が込められています。

今回お話を伺った、会長を務める鳥田陽史さん。

お母さんたちが集合!是非遊びにいらしてくださいね。

懐かしい雰囲気を感じながら 旧校舎でゆったりと過ごす

お話を伺った後、鳥田さんに校舎を案内して頂きました。
木の温もり溢れる、懐かしい雰囲気に満ちた校内。
長く続く廊下の横には、教室がいくつも並んでいます。
現在は教室を利用し、水・土曜日は習字教室や喫茶店「おはつき」をオープン。
喫茶店では、購入したお惣菜やお弁当を食べたり、
コーヒーやお菓子などを頂くこともできるのだそうです。
「野原工房げんき村」を訪れた際には、是非立ち寄ってみてください。

習字教室として利用されている教室。

喫茶店「おはつき」では、おしゃべりをしながらたくさんの人が毎週集まります。

(右)グラウンドには樹齢約350年「お葉つきイチョウ」の木があります。

編集員のココがオススメ!

kanbeyuka_150 準備を進めている間も、調理場は笑い声の絶えない和やかな雰囲気に包まれていました。「活動はとても楽しいですよ!みんなでいろいろとおしゃべりもできますし。」と、お母さんは笑顔で話してくれました。お弁当やお惣菜はお昼頃には売り切れてしまうので、午前中早めの到着がおすすめです。小学校の頃にタイムスリップできる!?懐かしい校舎の雰囲気も是非一緖に味わってみて。

(神戸夕香)

店舗情報

店名 野原工房げんき村
住所 〒519-2731 度会郡大紀町野原557
TEL/FAX TEL(携帯電話):
080-1569-5356
090-1230-1048
営業時間 毎週土曜日
10:00〜13:00

2011年9月9日現在の情報になります。


▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る