中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

漆塗り職人が作る箸は日常使いにピッタリ「うるし塗り工房 コバヤシ漆器」
2011.03.30 更新

小林さんオリジナルデザインの箸、お気に入りは見つかりましたか?

“japan”の和訳はもちろん日本ですが、もう一つ、漆/漆器の和訳を持つこともご存知ですか。
かつては海外の目に、漆工芸品が日本の旗手と映ったのかもしれませんね。
中仙道木曽路の北部を産地とする木曽漆器は、
漆器として津軽塗や会津塗、輪島塗などと並ぶ経済産業大臣指定伝統的工芸品。
お話は箸作りが専門のうるし塗り工房 コバヤシ漆器工房主、小林登さんから伺いました。

類まれな耐久性と質感を持つ天然素材「漆」のメリットを感じてもらいたい

ある程度の湿気を必要とする漆の硬化は、多くの化学塗料の乾燥と異なる点です

プラスチック製品や化学塗装製品が溢れる今日、まず小林さんは、
漆器が決して高価なものばかりではなく、身近に使える道具でもあると強調されました。
安全性や使いやすさを考えることが作り手の大切な点は当然とし、
規格製品にはない手作りならではの良さを、商品へ込めています。
専門は箸作り、主な材料は木曽ひのきと天然漆。
漆を塗る前に木地を整えるため下地を塗らなければなりませんが、
この原料である錆土(近くで採れる鉄分を含んだ粘土)もまた、漆で延ばして使います。
「とにかく漆ばっかり」と小林さんは笑っていました。

箸以外には花器や盆などの漆工芸品も

この人の物なら大丈夫と言ってもらえたら嬉しい

「箸は食べ物を口に運ぶ毎日の道具、だから安全性や使いやすさは大切です」と小林さん

小林さんが漆器へ関わるサラリーマン時代に、
「営業しながらあちこちの産地を見て回り、産地のものを買い使ってみた」上で、
漆塗りを始めたのは20年ほど前だそうです。
入門師事などを経た漆塗り職人ではありません。
塗り方を教えてもらった各地の先生同様の方々、販路展開でお世話になった方々への恩返しは、
お客さんから「小林さんの箸なら絶対大丈夫」と言ってもらえる箸作りで果たす・・・
これを目標としています。

(左)木曽ひのきと天然漆に、これからもこだわり続けていきます
(右)奥から夫婦箸と平箸、そして最近商品ラインナップに加わった納豆箸

(左)ちょっとしたインテリアのような店内のディスプレイ
(右)目印の看板、大工だったお父様と作りました

箸は思いを伝える懸け橋

今、日本で流通する天然漆は中国産が90%超とみられる一方、
国内では漆掻き職人が高齢化し漆林も減っており、
漆器産地は伝統産業を掲げられるだけの漆の調達に悩む状況です。
伝統工芸品市場が頭打ちの中、需要へ応える一層の開発力も、
漆器産地に求められているとは小林さんのご指摘。
「木曽漆器でご飯を美味しく食べたいと考える層は絶対にいらっしゃる」、
この思いを伝える媒体が、小林さんにとっての箸作りと感じました。

編集員のココがオススメ!

実は納豆箸を頂いており、その使用感を報告します。ポイントは
 1)納豆をパックから器に移し替えやすい
 2)かき混ぜる時に納豆粒がつぶされ壊れない
 3)きめ細かい糸が引ける
納豆に専用の箸が必要かの意見は認めるものの、侮るなかれ、結構良いものですよ。
漆器の新たな魅力も見つけました。それは音。割箸・プラスチック製品とは全く違う、箸同士や器が何かに当たる時の軽く落ち着いた音色は、小さな癒しと言えるでしょう。

(小穴久仁)

納豆箸を試しました!粒を壊さずきめ細かい糸が引けているよう

店舗情報

住所 長野県木曽町新開上野2477
TEL/FAX TEL:0264-22-3024

2011年1月29日現在の情報になります。

▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る