中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

独創的なイタリアンで地元野菜をアピール...

 飛騨産の野菜をふんだんに使ったイタリアンを手がける「リストランテ ミナヴィータ」。「飛騨をまるごと食べんかな月間」にも参画し、料理を通じて飛騨の野菜のおいしさをアピールしています。飛騨のごちそうプロ…

もっと読む もっと読む
郷土料理を通じて飛騨の食材を広める...

飛騨の郷土料理を通して、飛騨産の野菜のおいしさを伝える店「みかど」。飛騨のごちそうプロジェクトとの関わりや、飛騨の食材を使った郷土料理のすばらしさを、ご主人の加賀江徹さんにお伺いしました。 冷涼な気候…

もっと読む もっと読む
農家の女性チームが発信飛騨の野菜でごちそうプロジ...

「飛騨の野菜のおいしさをもっと地元の人や多くの人々に伝えたい」と高山の農家の女性で発足した「飛騨のごちそうプロジェクト」。その活動経緯や思いについて、メンバーの皆さんに話を伺いました。 きっかけは「地…

もっと読む もっと読む
温泉水の池の中で
短期間で育つスッポン...

スッポンはコラーゲンだけでなく、ビタミンや良質のたんぱく質も豊富で、栄養価が高いことで知られています。 美と健康に優れた食材であるスッポンを、飛騨牛と並ぶ味として、奥飛騨へ訪れた人々に楽しんでもらえる…

もっと読む もっと読む
源泉がもたらす環境が
バナナの生育にぴったり。...

奥飛騨の温泉熱は、様々な形で活用されています。その1つに源泉を利用して栽培されているバナナがあります。 奥飛騨温泉郷の栃尾温泉にある栽培農家「奥飛騨ファーム」を訪ねました。 ハウスの中に熱帯雨林の条件…

もっと読む もっと読む
温泉を浴びて発酵する
飛騨の「湯けむり紅茶」...

奥飛騨の温泉を利用した取り組みの中でも、豊富な湯量を紅茶の製造に生かしているのが、高山市に店を置く「なべしま銘茶」。1908年(明治41年)に創業し、お茶、茶道具などの販売、卸売りを行ってきた老舗です…

もっと読む もっと読む
雪国で育てるドラゴンフルーツ。
「フルージック」...

色鮮やかで美しいドラゴンフルーツ。熱帯の果物ですが、冬は氷点下になる奥飛騨温泉郷で栽培に取り組む生産者がいます。聞けば、温泉熱を利用したハウスで育てているとのこと。 雪国で南国フルーツを作る、農業法人…

もっと読む もっと読む
北アルプスの自然エネルギーを
活かした「新穂高セ...

めっきり寒さが厳しくなり、あたたかい温泉が恋しくなる季節ですね。 今月の特集は、岐阜県奥飛騨地方の「温泉熱」を利用した取り組みに注目。 温泉熱という地域資源をさまざまな形で活用する、人々や事例を紹介し…

もっと読む もっと読む

トップに戻る
トップに戻る