中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

天然の旨みが味わえる 昔ながらの「在来茶」...

それぞれの土地に適応しながら育ってきた、日本古来の茶樹を「在来種」といいます。現在は「やぶきた」などの品種茶が大半を占め、在来種茶葉の生産量は全体の3%ほどです。 この貴重な在来茶を厳選し、煎茶やほう…

もっと読む もっと読む
職人と高校生がつくる三重県産の寿司を味わう...

地産地消に力を入れる三重県内の寿司店のネットワーク「三重すし街道」と、県立相可高校調理クラブの生徒たちが連携し、寿司を提供する「すし祭りinまごの店」。 毎年大人気のイベントの模様をレポートします。 …

三重県多気郡多気町
もっと読む もっと読む
自然豊かな茶どころが生んだ 三重ブランド「伊勢茶...

「あなたが知っている緑茶の銘柄は?」と聞かれたら、静岡茶や京都の宇治茶と答える人は多くても、伊勢茶を挙げる人はあまりいないのではないでしょうか。 ところが伊勢茶の産地三重県は、お茶の栽培面積、生産量、…

もっと読む もっと読む
山々に抱かれた広大な茶畑で伊勢茶を栽培する「深緑...

緑豊かな南勢の山々を望む、三重県松阪市飯南町。松阪といえば松阪肉が有名ですが、伊勢茶の産地としてもその名を知られています。 その飯南町で製茶業とお茶カフェを営む「深緑茶房」は、32ヘクタールもの広い茶…

もっと読む もっと読む
唐辛子の食文化を中津川から世界へ! 「あじめコショウ」の...

雪の中津川で出合ったホットな食体験 赤く熟したあじめコショウ。 アジメドジョウに似た細長くて形の良い物を選別し、その種を採取してきた。 辛さは普通の唐辛子の3~5倍だが、糖度も高いのが特徴 「アジメド…

もっと読む もっと読む
【お魚ブログ】最盛期を迎えたハゼ甘露煮づくり!豊川の平松...

何度もタレをかけて仕上げるハゼの甘露煮。 三河地域の伝統食であるハゼの甘露煮。 その製造が師走に入り、最盛期を迎えています。 愛知県豊橋市に本社がある平松食品の御津工場(豊川市)では2012年12月4…

もっと読む もっと読む
【伊那市特集】焼き味噌に、辛味大根、刻みネギを加えた か...

「高遠そば」は江戸時代から伝わる伝統の味。 焼き味噌と辛み大根で食べる。そばは高遠産の玄。ざるはすべて2枚ずつ。 味噌味のそばつゆで食べる高遠そば  伊那市高遠町は桜の町。毎年4月半ばともなれば、 「…

もっと読む もっと読む
【お魚ブログ】川と海の恵みをうけて育つ桑名のハマグリ...

桑名で見つけたたくさんのハマグリ 三重県桑名市の漁師町・赤須賀。 木曽三川の河口に面したこの地区では、昔からハマグリやシジミをとる漁が盛んです。 ここで以前に取材でうかがった、しぐれ煮のお店「貝増商店…

もっと読む もっと読む

トップに戻る
トップに戻る