中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

ションヘル織機から生まれる未来...

高速織機が主流となっている今、昔ながらの低速で織るションヘル織機を使い続ける毛織物メーカーが、日本有数の毛織産地である愛知県・尾州にあります。 手織りの風合いを残した高品質の毛織物と、そのものづくりが…

もっと読む もっと読む
伝統のカキ産地を未来へつなぐ。
「手まり牡蠣」...

三重県一のカキ産地である鳥羽市浦村町で、特産の浦村カキの魅力を伝え広めたいと活動する人々がいます。産地の活性化を目指し、「手まり牡蠣」を開発した鳥羽市地域おこし協力隊の佐藤慎也さんと、生産者の木村勳さ…

もっと読む もっと読む
豊かな海と養殖技術が
育てる美味しいカキ...

三重県鳥羽市は全域が伊勢志摩国立公園に位置し、豊かな自然と温暖な気候、歴史文化に恵まれたところ。全国有数のカキ産地としても知られています。 もっとも生産量が多く、味のよさでも高い評価を得ているのが、浦…

もっと読む もっと読む
ハウス栽培が
長期出荷を支える...

現在の東海市から全国に広まった「愛知早生フキ」。愛知県産のフキのほとんどが、東海市をはじめ知多市や南知多町など知多半島で栽培されています。 本来は春が旬のフキですが、ビニールハウスを使った独自の栽培方…

もっと読む もっと読む
全国一の生産を誇る、知多半島のフキ...

香り高く、独特の風味を持つフキは、春の訪れを感じさせてくれる野菜のひとつです。食用としての歴史は古く、平安時代から食べられていたそう。全国一のフキ産地である愛知県知多半島では、10月から4月にかけて特…

もっと読む もっと読む
柿を核として、住んで楽しい地域をつくる...

岐阜県山県市伊自良地区に、特産品の伊自良大実柿をキーワードとして地域づくりに取り組む若者がいます。この土地で生まれ育った集落支援員の横山太一さんと、地域おこし協力隊員として神奈川県からやってきた金子悟…

もっと読む もっと読む
柿畑を守ることが、
地域の活性化につながる...

山県市の伊自良地区北部でのみ採れる「伊自良大実柿」という渋柿。この柿を使って作られているのが「伊自良連柿」と呼ばれる干し柿です。11月に入ると干し柿が軒先にすだれのようにつるされる光景は、昔からこの地…

もっと読む もっと読む
尾鷲のおいしい鯛を加工食品にして全国へ...

現在32の生産者が参加する「尾鷲まるごとヤーヤ便」。その中のひとつ、「三和水産株式会社」は創業50年を誇る老舗です。これまでの歩みとそしてヤーヤ便への想いについて3代目代表取締役の小川康成さんに伺いま…

もっと読む もっと読む

トップに戻る
トップに戻る