中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ アーカイブ

DoChubu

三河湾のアサリが入った
「ガマゴリうどん」がご当地名物に
愛知県/蒲郡市
2015.02.09 更新

IMG_0848
蒲郡市の目の前に広がる三河湾は、アサリの漁獲高が日本一。春には市の観光スポットとして知られる竹島周辺でも潮干狩りの光景が見られます。
特産品のアサリを生かして、3年前に誕生したのが「ガマゴリうどん」です。
メニュー開発と普及に努めたのは、蒲郡シティセールスプロジェクト「ガマゴリ・ら」。蒲郡商工会議所の青年部が中心となり、蒲郡市をPRする様々な活動を行っている団体です。
メンバーの方々にガマゴリうどんについて、お話を伺いました。

映画ロケがきっかけで誕生

2012年の冬、蒲郡を舞台に映画が撮影され、メンバーもロケで炊き出しをするなどの支援に関わりました。
「寒い時期なので温かいうどんを用意していると、地元の漁師さんがたくさんのアサリと新鮮なワカメを提供してくれたんです。アサリのダシがきいた贅沢なうどんは、出演者やスタッフの人たちからも美味しいと大好評でした」とプロジェクトリーダーの鈴木寿明さん。その後の上映会でもアサリ入りのうどんを提供したほどです。
試しに、2012年9月に蒲郡市で行われた「どえらいうまいもん祭」(東三河の飲食店が参加するイベント)にガマゴリうどんを出展したところ、グランプリを獲得。少しずつ認知されたものの、ご当地グルメとして売り出すまでには紆余曲折がありました。

IMG_0864

蒲郡シティセールスプロジェクト「ガマゴリ・ら」の中心メンバー (中央が鈴木さん、左から2番目が太田さん、左から3番目が千賀さん)

知名度を上げるためにイベントに参加

映画ロケの支援とともに目玉になる特産品の開発にも取り組んでいたメンバーたちは、菓子など様々なご当地グルメを試作してみたと言います。ただ、コレという決め手がないまま時間だけが流れていきました。2013年の4月、「やはりうどんでいこう!」という結論になり、ガマゴリうどんにかけることに。
「知名度を上げるためにどうしたらいいかと考え、2013年9月に第3回全国ご当地うどんサミットに参加したんです」と特産品開発隊のリーダー太田章男さん。
「当日はお客さんを待たせないように30人体制でのぞみました。また、地元企業から提供された胡麻油で味の変化を楽しんでもらうなどの工夫もしました」と鈴木さん。初出場でみごとグランプリに輝き、ご当地グルメとしてすすめていく自信になったと言います。

P1020048

第3回全国ご当地うどんサミットでグランプリを獲得した、蒲郡シティセールスプロジェクト「ガマゴリ・ら」のメンバー

いつでも地元で食べられるように

イベント以外でも市内で気軽に味わえるように、2013年12月に「ガマゴリうどん認定店制度」を開始。それにあたって、ガマゴリうどんを定義するための五箇条※を作り、市内の飲食店などを対象に説明会をするなど広報活動をしてきました。
認定店の一つ、「手打ち主水庵」店主の木村悟士さんは、「説明会でメンバーの方々の熱意を感じ、地元の美味しいものを食べてほしい」という思いから参加することにしたそうです。
※五箇条の主な内容:「原則として三河湾のアサリ5個以上をのせる」「アサリでダシを取って殻付きで提供する」「原則としてしょうゆ味(創意工夫は可)とする」「アサリ以外に蒲郡産の一品を使用する」「ワカメを入れる」

IMG_0827

三河湾でとれたアサリ。定義では5個以上の使用だが主水庵では7個使用


IMG_0833

貝が開き始め、ダシも出てきます(主水庵)


IMG_0835

アサリのダシにお店こだわりの本ガツオのダシと他の具材も加えて汁を作ります(主水庵)


IMG_0841

「アサリのダシがカツオダシに負けないように割合を決めるのに苦労しました。器もガマゴリうどんのために探しました」と話す木村さん

ご当地グルメで蒲郡をPR

現在は認定店もスタート時の17店舗から24店舗に増え、うどん店だけでなく居酒屋やホテルなどでも提供されています。
地元でさらに広めたいと、第4回全国ご当地うどんサミット(2014年11月)の開催地として立候補しました。「最初は参加店が集まらず、前回の開催地を訪ねて出展依頼をするなど大変でした」と語る特産品開発隊の副リーダー千賀充能さん。地道な努力が実り、今までで最高の24店(団体)が参加し、盛況のうちに幕を閉じました。
「うどんを通して蒲郡をPRするのがねらいです」と鈴木さん。「今後もロケ誘致や新たな特産品の開発など、精力的に活動を続けていきたい」とメンバーのみなさんは口々に語ってくれました。
※ガマゴリうどんの認定店は、下記ホームページに掲載されています
http://www.gamagoricci.or.jp/gamagoriudon_list.html

IMG_0872

お土産用のガマゴリうどんは、蒲郡市の製麺会社「金トビ志賀」と地元の胡麻油メーカーの老舗「竹本油脂」が共同開発したもの。左:4食入1,706円(税込)、右:2食入815円(税込)

2015年1月21日取材時の情報です
ライター : 田中マリ子

お問い合わせ
施設名 蒲郡商工会議所・蒲郡シティセールスプロジェクト「ガマゴリ・ら」事務局
住所 愛知県蒲郡市港町18-23
TEL TEL 0533-68-7171、 FAX 0533-68-0339
営業時間
定休日
URL http://www.gamagoricci.or.jp/
E-mail
トップに戻る
トップに戻る