中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

手作りのレンコン料理で
地域の女性たちが特産品をPR
2014.11.27 更新

001_IMG_0396_ss

道の駅「立田ふれあいの里」にある「はす工房」は、レンコンを使った料理にこだわっており、それを目当てに多くの人が訪れます。
メニュー開発や調理をしているのは、レンコン農家の奥さんや地元の女性たち。 レンコンの魅力や食べ方などについて、はす工房代表の渡辺みさ子さんにお話を伺いました。

地域の女性たちが開いた店

はす工房は、旧立田村の生活改善実行グループのメンバーによって設立された、レンコン料理を手がけるお店です。
グループでは、40年以上前から地域の農産物を使った料理や加工品の開発に取り組んでおり、中でもレンコンについては消費拡大に向けて様々な料理を考案してきました。
渡辺さんたちは「特産品をPRしつつ、地域の女性が活躍できる場として、農産物の加工場がほしい」と、立田ふれあいの里運営協議会に働きかけ、施設の中に実演工房という形で併設されることになったのです。
グループからメンバーを募り、渡辺さんも含めて5人が工房設立に参加。現在は、当初のメンバー2人とパートさんを含め、10人で切り盛りしています。今年の12月19日で工房を開いて丸10年になります。
カウンター越しに活気と明るい雰囲気が伝わってくる、はす工房。「調理場をオープンにしているので、1つひとつ手作りしている様子がわかり、安心して購入いただけるのではないかと思います」。

002_IMG_0410_s

「地元食材を使い、安心安全なものを提供できるようにがんばっています」と渡辺さん

003_CIMG0650_s

手作りの惣菜などがずらりと並びます

レンコンは魅力いっぱいの食材

食物繊維が豊富でビタミンCを多く含み、美容や健康に良いというレンコン。
切ったときに糸を引くのは、ムチンという成分によるもので、滋養強壮効果があると言われています。黒ずんでくるのも消炎止血作用のあるタンニンによるものです。
「レンコンそのものには味がないので、他の食材と合わせやすいですね。1年を通して安定的に手に入るので使い勝手もいいです」。 切って使ったり、すりおろして使ったり、部位によって使い分けているので、ほとんど捨てるところがないそうです。

004_CIMG0653_s

料理に合わせて、切り方を工夫しています

005_IMG_0392_s

ゆでるとモチモチした食感が楽しめます

創意工夫が光るレンコンメニュー

レンコンを生かした惣菜などは全部で20種類以上。おふくろの味を再現したきんぴらなどの定番料理から、メンバーが試行錯誤しながら考案した「レンコンのみたらし団子」や「レンコンライスバーガー」など珍しいメニューも揃っています。
いちばん人気は、土・日曜日には300〜400個が売れるという「コロッケ」。中身に味が付いているので、そのままで食べられます。「もともとは、余ったレンコンの煮物を無駄にしないようにと思って考案したものなんです」。
午後には売り切れてしまうメニューもあるそうで、「開店した頃から比べると売り上げも3倍ぐらいになりました」と渡辺さん。
平日にもかかわらず、お客さんが次から次へと工房を訪れていました。

007_IMG_0395_s

コロッケ用のレンコンにはしっかり味を付けます

006_IMG_0399_s

すりおろしたレンコンをカラッと揚げたレンコンボール(1パック6個入320円)も人気

008_IMG_0430_s

レンコンかば焼き(1パック3個入300円)は、すりおろしたレンコンをのりにのせて揚げ、うなぎに見立てた郷土料理。右手前はレンコンの食感を楽しめるコロッケ(1個100円)、奥はレンコンはさみ揚げ(1パック2枚入280円、3枚入400円)

009_IMG_0409_s

「料理好きな人たちが集まって、楽しくやっています」とスタッフのみなさん

2014年11月4日取材時の情報になります
ライター:田中マリ子

お問い合わせ
施設名 有限会社はす工房
住所 愛知県愛西市森川町井桁西27番地
TEL 0567-25-8001
営業時間 9:00〜18:00
定休日 木曜日
URL
E-mail
トップに戻る
トップに戻る