中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

【犬山市特集】農家と連携して作った地産ジャム「千一じゃむ」
2012.10.15 更新

果物栽培が盛んな犬山市近隣

フルーツの果肉がたっぷりの「千一じゃむ」。
素材は犬山近隣の農家で採れる果物です。
犬山市の桃、柿、みかんや、大口町の無花果(いちじく)、美濃加茂市の梨などが使われています。
中でも桃は古くから犬山の特産品で、昭和初期頃から栽培が始まり、
現在では羽黒・楽田・二の宮・内久保・五郎丸地域が主産地になっています。

犬山地域の地産地消ジャム各500円

農家と連携してジャム用の果物を確保

地元でいろいろな果物が採れるものの、
大きさなどの関係で出荷できない果物がたくさんありました。
そこで、何とか農家の手助けができないかと、行政が主体になって試行錯誤を重ね、
4年ほど前に「千一じゃむ」として商品化しました。
協力農家には、冷凍庫を貸し出し、出荷できない果物を保存してもらい、
一定の期間に回収するというやり方で効率化をしました。
回収した果物は、風味や色が損なわれないように一括して瞬間冷凍をして保存。
いつでもジャムを作ることができる仕組みになっています。

桃の木の剪定をする様子

市民の協力で作る手作りジャム

ジャム作りは、犬山市にある和菓子の若松屋2代目主人・後藤幸夫さんを中心にすすめてきました。
「桃酔果を作ったときのノウハウを生かし、果肉をできるだけ残しました。
また、えぐみが出ないようアクをこまめにとるのも大事です」。
さらに珍しいのは寒天を使いとろみを出していること。和菓子職人ならではのアイデアです。
ジャム作りを実際に行うのは、かつてご主人から手ほどきを受けた人たち。
以前、市民向けに4回シリーズでジャム作り講座を開き、
20人ほどの参加者とともにジャムを作って試験販売をしました。
そのとき受講生だったうちの5人が中心となってジャムを作っています。

若松屋の2代目主人・後藤幸夫さん

果肉が残りフルーティな味わい

編集員のココがオススメ!

それぞれの果物本来の食感と風味を楽しめるジャム。無花果はつぶつぶ感が口の中で広がり、柿は熟した果肉を味わっているようで、桃は柔らかでとろけるような味わいです。果肉の存在感があるので、ヨーグルトに入れてもグッドですよ。一番人気のジャムは「無花果」とか。ほかにも定番の「桃」や「みかん」、秋を感じる「柿」のほか、珍しさも手伝って「梨」も人気があるそうです。

(田中マリ子)

【ジャムの購入について】
ジャムは記載の「千一庵」で販売されています。
ほかには犬山市などで開催されるイベントでも販売します。

販売先情報

販売先 千一庵
住所 〒484-0073 犬山市天神町1丁目13番地
イトーヨーカドー・キャスタ店地下1階
アクセス 名鉄犬山線犬山駅徒歩1分
TEL&FAX TEL:0568-61-9338
営業時間 10:00〜20:00
定休日 年中無休

製造者情報

住所 〒484-0084 愛知県犬山市字南古券186番地
千一じゃむ(若松屋内)
アクセス 名鉄犬山線犬山口駅から徒歩5分
TEL&FAX TEL:0568-61-1001
FAX:0568-61-0970
(若松屋内)

 


 

2012年9月18日現在の情報になります。

トップに戻る
トップに戻る