中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

【関市特集】地域の作り手による農畜産物がずらりと勢揃い!「JAめぐみの ファーマーズマーケット とれったひろば関店」
2012.08.09 更新

JAめぐみの直営の直売所「とれったひろば関店」。新鮮な旬の味覚が揃います

新鮮な野菜をはじめ、畜産物、乳製品、米、コロッケなどのお惣菜、
切り花など充実した品揃えの「とれったひろば関店」。
広々とした店内に、関市、美濃加茂市、可児市、郡上市といった
「JAめぐみの」管内の生産者たちが丹精した品々が並びます。
2011年4月のオープンから1年余り。大勢のお客さんでにぎわうファーマーズマーケットを訪ねました。

栽培履歴がしっかりした1850人の生産者が登録

副店長の酒井晃司さんと食育ソムリエの中島悟子さん

広々とした店内でゆったりと買い物を楽しめます

「地元の農家さんに元気になってもらおう。
同時に、地元の方々にとれたての新鮮なものを食べてもらおう、というのがここの考え方です」
と教えてくれたのは「とれったひろば関店」副店長の酒井晃司さん。
生産者の方々は毎朝、収穫した野菜を袋に入れ、バーコードを貼り、店頭に陳列します。
もし、その日に生鮮品が売れ残った場合は、生産者が引き取るのが原則なので、
いつもお店には新鮮な商品が並んでいるわけです。
また、お店から生産者の方へはメールを一日5回配信しており、
リアルタイムで売れ行き状況を伝えています。
売れ行きがよい場合は、生産者の方が追加で店に持って行くことも可能。
できるだけ品切れを起こさないようなシステムが取り入れられています。

商品のバーコードをスキャンすると栽培履歴を見ることができます

「とれったひろば関店」に商品を並べているのは、会員登録をした生産者の皆さん。
登録するには、肥料や農薬の使用状況について明記した「栽培履歴」の提出が必要です。
これをクリアして、現在1850人が会員として登録しています。
この栽培履歴の情報は、買い物客も閲覧できます。
商品に付いているバーコードを店内のモニターで読み取るだけで、
栽培時に何をいつどれぐらい使ったのか分かるので、安心して選ぶことができるのです。

全国のJAのファーマーズマーケットとも提携

卵だけでも10種類以上ラインナップ。産地や飼育方法、栄養分などそれぞれこだわりがあります

JAおきなわから届いた果実たち。全国の産地の特産品がいろいろ

野菜に加え、飛騨牛や美濃ヘルシーポーク、明方ハムなどの畜産物、
ひるがのプリンなどの乳製品も充実。
この地域の特産品である円空さといもを使った里いもコロッケなどの惣菜も人気です。
米工房では、コシヒカリ、ハツシモ、ひとめぼれなどのお米を揃え、無料の精米サービスもあります。
さらに、ここは全国のJAのファーマーズマーケットと提携。
地元だけでなく、各産地自慢の農産物や加工品が揃っていることも特徴です。
沖縄のパイナップルやシークワーサー、和歌山や愛媛の柑橘類、山形のさくらんぼなど、
このエリアではなかなか手に入りづらいアイテムも置かれています。

料理方法を教えてくれる食育ソムリエも

トマトの試食も多彩。お気に入りの生産者を見つけられそうです

もうひとつの魅力は、「食育ソムリエ」がいること。
「講習を受けて認定された食育ソムリエが、店頭に4人ぐらいはいつもいます。
旬の野菜の食べ方を提案したり、試食をお勧めしていますので、
お気軽に声をかけてください」と酒井さん。
店内のPOPでも野菜の情報が書かれていたり、
出口付近の掲示板にはスタッフの方が考案したレシピも掲げられています。
食材が揃うだけでなく、調理方法が分かるのもうれしいところ。
ここで食べ方のヒントをいっぱいもらって、季節のおいしさを満喫しましょう。

編集員のココがオススメ!

お店へ一歩踏み入れた途端、テンションが上がります。トマトひとつをとっても、生産者も品種もさまざま。この地域ならではの産品もあれば、遠い沖縄の果実も揃う。バリエーションが幅広く、安全安心への配慮も万全。新鮮な旬の味が充実しています。ちょっと遠くに住んでいても、休日などには買い出しに出かけたいマーケットです。

(南由美子)

店舗情報

店舗名 JAめぐみの ファーマーズマーケット とれったひろば関店
住所 岐阜県関市小屋名1436
TEL&FAX TEL:0575-27-1255
営業時間 9:00〜17:00
定休日 火曜日

2012年6月8日現在の情報になります。

トップに戻る
トップに戻る