中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

大台町育ちの柚子をお届けします「小掠農園」
2010.12.14 更新

昼に掛かり始め、いっそう強烈な日差しが照りつける中、
常緑広葉樹や背の高いスギ林に囲まれた集落に着きました。
とある民家にお邪魔すると、出迎えてくれたのは日焼けした顔に笑顔がまぶしい小掠悟さん、
自宅裏でユズを栽培しているとのことで、早速お話を伺います。

築100年前後の立派なお宅にお招きいただき、小掠さんにお話を伺います

さながら小掠果樹園

獣害に遭いにくく、寒さにも比較的強いユズの栽培を、小掠さんは10年ほど前から始めました。
最初の苗は5本、6〜7年かかって収穫できるようになるユズは、今や5アールに49本。
ユズ以外にカラタチや橙、金柑など種類も増え、さながら小掠果樹園です。
小掠さんは、収穫したユズを県の青果市場ではなく、地元の宮川物産へ出荷してきました。
表年だった去年は収穫量が2トン、「こんなに採れても捌けませんよ、どうします?」と
宮川物産の担当者から言われたそうです。

(左)ご自宅裏のユズ園で、ユズの栽培について解説いただきました
(右)ユズの実と共に、小掠農園の将来についての夢も膨らみます

成長中のユズの実。枝には鋭いドゲも

第二果樹園も造成中

広い第二農園も案内していただきました

獣害にもめげず、小掠農園の収穫は着実に近づいているようです

もはや手狭と言わざるを得ないユズ園ですが、自宅から車で5分ほど走った谷合にある、
もう一つの畑も見せて頂くことになりました。こちらでは梅や銀杏、栗を栽培しています。
以前は森林組合職員だった小掠さん、木材加工や囲い作りはお得意のご様子。畑を囲む柵も見事です。
そう言えば、自宅にお手製の滑り台がありましたっけ。

庭には小掠さんお手製(!)の滑り台

編集員のココがオススメ!

小掠さんからお話をお聞きしていると、合間合間に将来の構想を語ってくれます。時々、少し遠くを見据える視線の先には、構想を実現させた光景が広がっているのかもしれません。10〜11月にユズは収穫期を迎えます。この夏は、例年にないほどの厳しい暑さが続きましたが、出来具合はどうでしょうか。

(小穴久仁・倉田和己)

問い合わせ先情報

場所 大台町観光協会
住所 〒519-2404 三重県多気郡大台町佐原663-1
TEL/FAX Tel:0598-84-1050
Fax:0598-84-1051
URL 大台町観光協会へようこそ
E-mail info@web-oodai.info

2010年9月21日現在の情報になります。

▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る