中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

特産の富有柿を生かして加工品を作る「フルーツ工房糸貫」
2010.11.29 更新

柿の美味しさを様々な形で届けたい

富有柿の産地として知られる岐阜県本巣市糸貫地区は、道の両側に柿畑が広がるのどかなところです。
甘柿の中でも大粒で甘みが強く、果肉が柔らかい富有柿の
特徴を生かして加工品を作っているのが「フルーツ工房糸貫」。
この地域の女性が集まって柿ジャム作りを始め、その中からできたグループです。
「ジャムだけでなく加工品の幅を広げたいと、いろいろ模索してきました」と代表の高橋恵子さん。
柿が採れる時期以外でも、柿を知ってもらうきっかけになると、様々な加工品作りに取り組んでいます。

柿のエキスたっぷり、富有柿のジャム(140g420円)と柿肉のたれ(370円)

富有柿のジャム(100g2個セット1,050円)と
地元でとれた果物を使ったジャム(いちごジャム370円・いちじくジャム420円)

「富有柿の美味しさを加工品でもアピールしたい」と語る高橋恵子さん

(左)甘さもあって美味しい富有柿 (右)畑で柿の具合を見る高橋さん

柿のうまみが詰まった焼肉のたれ

新商品を考えているときに、
フルーツの入った市販の焼肉のたれにヒントを得て開発されたのが「柿肉のたれ」です。
味噌に地元産のニンニクや玉ねぎも加え、
ごまやみりんなどの調味料で味を整え、じっくり煮込んで作ります。
「材料の配合が難しいですね。今の材料に落ち着くまで、様々な材料を使って試行錯誤を繰り返しました」。
そうしてできた「柿肉のたれ」は、まろやかで複雑な味を醸し出し、
柿のとろみが肉や野菜にからんで絶妙な味わいです。

唐辛子で辛さを調節した、
辛口・甘口2種類の柿肉のたれ(各370円)と柿ドレッシング(各450円)

サラダに合う柿のドレッシング

「柿肉のたれ」を見たお客さんからの「ドレッシングはないの?」
という声に応えて開発したのが「柿ドレッシング」。
柿の味を全面に出し、無添加にこだわり、酢を使うことで防腐効果を出したドレッシングです。
オリーブオイルをベースにしたさっぱり味のものと、
ごまの風味を生かした和風ドレッシングの2種類があります。
「柿肉のたれ」と「柿ドレッシング」は、地産地消を子どもたちに伝える取り組みの一つとして、
地元の学校給食にも出されるそうです。ただ、手作りのため、一度に大量に作れないのが悩みだとか。

編集員のココがオススメ!

メンバーの畑で採れたサツマイモを使った「さつま芋ドーナツ」もおすすめ。さつま芋の食感を楽しめるように、蒸したさつま芋を形が少し残るぐらいに粗くつぶしているのが特徴。口の中でさつま芋の風味が広がります。使う粉によって、小麦粉と米粉の2種類のドーナツがあります。主にイベントなどで販売されるそうなので、購入したい場合は一度、問い合わせてみて。

(田中マリ子)

店舗情報

住所 〒501-0418 岐阜県本巣市七五三685-1(代表 高橋恵子)
アクセス 樽見鉄道モレラ岐阜駅から車で約5分
TEL/FAX TEL:058-324-0717
FAX:058-323-0263
商品販売先 道の駅/富有柿の里いとぬき(本巣市)、織部の里もとす(本巣市)、
JAぎふ糸貫農産物販売所(本巣市)、JAぎふおんさい広場/真正(本巣市)、
鷺山(岐阜市)、はぐり(岐南町)、日本昭和村※一部商品のみ(美濃加茂市)

2010年11月5日現在の情報になります。

▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る