中部を動かすポータルサイトDochubu

トップページ 今月の特集 地元食を旅する DoChubuピックアップ 連携団体・会員紹介 アーカイブ

DoChubu

【お米特集】おいしい米づくりへ妥協せず。恵まれた環境がうむこだわりの「一志米」
2010.10.27 更新

恵まれた環境のなかでつくられている「一志米」

三重県津市の一志地区。この地で、「おいしいお米を食べてほしい」と、
情熱をもってこだわりのお米づくりを続けている農家がいます。
きれいな水、生い茂る緑、澄みきった空気のなかで、
日本一のお米をつくろうと日々努力を重ね、丹精を込めて農作業を行っています。
今回は、そんなこだわりのお米「一志米」の生産現場を訪ねました。

循環を大事にした米づくり

米ぬかをペレットに成形して再び田に帰します。

おいしいお米をつくるのに欠かせない米ぬかのペレット

訪れたのは「一志米」を生産する有限会社イケダグリーン。
作業場へうかがうと、ちょうど米ぬかをペレットに成形しているところでした。
同社の精米所からでる米ぬかは、全てペレットにして田へと戻しています。
もみ殻も近くの畜産農家へ供給し、牛に踏ませた後は再び引き取って田へ帰しているそうです。
「肥料は一切入れません。循環を大事にしています」と話すのは、
現場を案内してくれた代表取締役の池田七郎さん。
手間とコストのかかる大変な作業ですが、
肥料の代わりに循環を利用したこの取り組みによって、良いお米がとれるそうです。

最適な環境のなかでうまれる「一志米」

田へ引き入れる水の供給源となっている大きな池。
まわりの木々からしみだした栄養分たっぷりの水で満たされています。

刈り取りのすんだ田で粘土質の土を見せてくれた池田さん。
土に顔を近づけると小さなカエルやバッタが元気に飛び跳ねていました。

「安全・安心な米をつくりたくて」と、農業を始めたきっかけについて話す池田さん。
9年前からこの地で農業をはじめ、こだわりのおいしいお米づくりを追求し続けています。

池田さんが「一志米」をうむこの田の特徴として真っ先にあげたのは、粘土質になっている土壌です。
この土が、おいしいお米をつくるうえで欠かせないそうです。
周囲を見ると、両側からはおおうように深い樹林が生い茂っています。
人家もない上の方には、落ち葉からしみ出た雨水が流れ込む大きな池があり、
そこから田へと水を引き入れています。
池田さんによると、このミネラルを豊富に含んだ水が元気な稲を育てるのだそうです。
「一志米」はこのような、おいしいお米をつくる最適な環境のなかでうまれています。

「みえの安心食材」にも認定

こだわりの一志米「こし一膳」(10kg・6980円、5kg・3890円、3kg・2500円)。

「冷たいご飯を食べると、そのお米がおいしいかどうかがわかる」と池田さん。
「みえの安心食材」にも認定されている池田さんのお米を味わって、
そのおいしさに驚き、実際につくられている田を見ようと全国から訪れる客もいるそうです。
「お米はたくさん炊くとおいしい。うちのは普通に炊けばうまいよ」と、自信をもって語ります。

おいしいお米づくりを追い求める池田さんが、いま注目しているのが孟宗竹です。
孟宗竹をチップにしたものをもみ殻と同じように畜産で利用し、
その後は肥料の代わりとして田で使えないかなど、農作業をしながらさまざまな研究や情報収集も行っています。
次々と浮かぶ新しいアイデアをすぐに実行に移していく池田さん。
「ことを起すから考えが浮かぶ。何もしないと浮かばない」と答える笑顔がとても印象的でした。
さらにおいしいお米づくりへ。池田さんの挑戦はこれからも続きます。

編集員のココがオススメ!

池田さんの一つひとつの取り組みやお話から、安全で安心なおいしいお米をつくりたいという強い想いが伝わってきました。田をとりまく周辺の環境もすばらしく、おいしいお米をつくる条件が整っていることを実感しました。こだわりぬいてつくられた「一志米」をぜひ味わってみてください。

(新美貴資)

店舗情報

住所 三重県津市白山町二本木3445
アクセス 近鉄「大三」駅から徒歩10分
TEL/FAX TEL:0120-262-453(フリーダイヤル)、059-262-3453
FAX:059-262-5237
E-mail info@ichishimai.com
URL お米の産地直送販売 こだわりの米作り「一志米」

2010年8月26日現在の情報になります。


▼お店の場所を見る

トップに戻る
トップに戻る